ページの先頭へ

子供の本質的な学力を伸ばす4つの特徴 | 研究所について - 数、図形、言葉の感覚を日々の暮らしや遊びの中で磨く、五感体験を通した幼児教育-家庭教育力研究所

研究所について

家庭教育力研究所の概要

事務局長上野 真弓
住所(本部)福岡県北九州市門司区丸山2丁目11-2
電話番号093-383-2757
事業内容フェルトボール、シフォンケーキ模型、ストロー工作といった手先を使った算数体験イベントの開催、教育者向け講演会、オンライン講座、オリジナル教材の販売

家庭教育力研究所の方針

かけがえのない子供達の人生を、いつまでも瑞々しい、大きく伸びやかな大木に育てましょう。家庭教育力研究所が行っていることには、本質的な学力を伸ばす4つの特徴があります。

特徴1.「おしかけ宙遊び〜算数編・国語編〜」

おしかけ宙遊び〜算数編・国語編〜感動は人を突き動かします。その感動が家族で体験したことであれば、なお一層、増幅され持続します。人は好きな人に認められたくて頑張ります。大好きなお父さんやお母さんが認めてあげるだけで、子供は大きく伸びるでしょう。
算数・国語指導のプロが実際に家庭に入り、お菓子作りという五感体験を通して、「知ること」「気づくこと」の楽しさを家族に伝えます。

特徴2.学びの原点は「数学力と国語力」

学びの原点は「数学力と国語力」〜数学力とは、物の本質を見抜き、課題を解決する力。
国語力とは、物を洞察し創造し表現する、思考する力。
学力のエッセンスは、数学力で未知なる世界に踏みこみ、国語力でその世界を豊かに充実させて、再び数学力を使って次の世界へと登っていき、国語力で実らせるという繰り返しです。すべての学力の基礎となる、2つの異なる力の原点は、暮らしや遊びといった実体験の中にしかありません。

特徴3.「母親力」が変われば、子供も変わる「お母さんのためのマセドスイーツ教室」

お母さんのためのマセドスイーツ教室「子供」という木がスクスク大きく育つには、母なる大地の豊かな滋養をしっかり吸い上げられることが必要です。
子供にとって最高の教師である母親の、自由で豊かな感性や知的好奇心は、子供の成長に大きな支えとなります。
「お母さんのためのマセドスイーツ教室」は、レシピをお家に持ち帰り、お子様とスイーツづくりのワクワクドキドキを共有することで、お子様の心の糧となるでしょう。

特徴4.発達段階に応じたオリジナル教材「宙遊びグッズ」

宙遊びグッズ遊びながら楽しく探求し、気づきを得た時の嬉しい記憶は、心の奥底に刻まれて決して忘れることはありません。
オリジナルの「フェルトのカレンダー」「フェルトのマカロン」「算数紙芝居」「シフォンケーキ手順」は、日常的に手作業を繰り返すことで、子供達の本質的な学力を培っていく、とてもユニークな教材です。ご家庭でもぜひご活用ください。
算数担当講師 上野真由美
考える力を育てるママのためのマニュアル本『レペテの毎日』プレゼント!
ブログ更新中!算数パフォーマーまあちゃんの公開講座